いつもお客様のお側に。株式会社富山常備薬
まずはお問合せください 0120-253-600

関節痛の原因は軟骨のすり減り…その軟骨は再生しない!?…今ある関節の痛みに飲んで効く医薬品とは?

  • PR 富山常備薬

    皆様は、年齢を重ねるにつれて、

    体のあちこちで感じるつらい関節の痛み

    に悩まされてはいませんでしょうか?

    ●曲げ伸ばしの度にズキッとひざが痛む…




    ●立ち上がろうとしただけでゴキッと腰に痛みを感じる…




    ●肩を動かそうとするとズキッと肩に痛みが走る…




    特に、痛みを感じやすい

    「ひざ」「腰」「肩」

    は、よりひどく感じてしまうこともあるのではないでしょうか。

    厚生労働省が行った調査でも、

    この3箇所の関節の痛みは、中高年が抱える不調の上位

    になってしまっています。

    ※出典:平成28年国民生活基礎調査


    50歳以上で見ると、

    1位の「腰痛」は、なんと日本人の約6人に1人が抱えている悩み

    になっています。

    このように、

    関節の痛みは、年齢を重ねるほど、避けては通れない悩み

    だと言えます。

    今回は、つらい関節の痛みにお悩みの皆様に、関節痛の原因と、その対処法をご紹介していきます。

  • 関節が痛む原因とは?

  • 関節のつらい痛みに対処していくために、まずは

    関節が痛くなる原因

    を知る必要があります。

    ひざの関節を例にして見ていきましょう。



    ひざの関節は、骨同士を筋肉や靭帯がつなぎ、骨と骨の連結部に軟骨がクッションの役割として存在することで、“曲げる”という動作をスムーズに行うことができます。

    しかし、

    加齢によって軟骨が劣化

    すると、本来持っている潤滑油やクッション材の役割が低下し、摩擦が生まれたり衝撃を吸収することができなくなってしまい、

    滑膜が炎症を起こすことで痛みが生じる

    ことになります。



  • 軟骨は再生しない?

  • 関節が痛む原因は、前述のとおり、骨と骨の間にある軟骨が年齢とともにすり減ることで、滑膜が炎症を起こし、痛みが発生することになりますが、実は、

    この軟骨は一度ダメージを受けると、二度と再生しない

    と言われています。



    少し詳しく見ていきましょう。

    ▼痛みの原因となる軟骨のすり減り



    軟骨は「骨」と書かれますが、90%以上が水分で構成されていて、主に硝子(しょうし)軟骨と線維(せんい)軟骨に分けられます。

    ●硝子軟骨


    関節面を覆っているものが硝子軟骨で、クッション性と耐摩耗性に優れていますが、

    自己増殖能力が非常に乏しく、ほとんど再生しない

    と言われています。

    ●線維軟骨


    軟骨が一度損傷を受けると、硝子軟骨では修復されず、線維軟骨に置き換わりますが、線維軟骨は

    クッション性と耐摩耗性が硝子軟骨より劣っている

    ため、滑膜に炎症が起きて、痛みが発生することになります。


    私たちの体は、このような

    「ただすり減っていくだけ」の軟骨を何十年も使い続ける

    ことになるため、加齢とともに不具合が出てくることは当然でもある、と言うことができるかもしれません。

  • 関節の痛みを放っておいてしまうと…

  • 関節の痛みは、年齢を重ねるにつれて誰もが発生してしまう可能性が高い症状

    であり、特に、ひざや腰など体を支えるために重要な部分は、体重による負担が大きく、その結果、

    ズキッという痛みやギシギシという違和感が発生

    してしまいます。

    では、

    この痛みに対して、何も対処をせずに放っておいてしまう

    と、どうなるでしょうか?



    ●軟骨がすり減る


     ↓

    ●滑膜に炎症が起きる


     ↓

    ●関節が痛む


     ↓

    ●体を動かさなくなる


     ↓

    ●筋肉が衰える


     ↓

    ●関節に負担がかかる


     ↓

    ●軟骨がすり減る


     ↓

    ●滑膜に炎症が起きる


     ↓

    ●関節が痛む…



    この

    痛みの悪循環が起きてしまう

    ことになりかねません。

    痛みの悪循環によって、体の動作が不自然になり、さらに悪化してしまう恐れもあります。

  • 今ある痛みの対処法とは?

  • それでは、

    今、ズキズキと感じている関節の痛み

    は、もうどうしようもないのでしょうか?



    ここで注目したい点は、

    再生しない軟骨ではなく、痛みを起こす炎症への対処

    です。

    今あるつらい痛みを、まずは何とかする。



    この点に着目して、関節の痛みの緩和のために開発された

    『飲んで効く医薬品』

    というジャンルが、いま選ばれてきています。

    配合されている有効成分の効果が認められている飲み薬は、用法・用量をきちんと守ることで内側からの効果が期待できる

    ため、つらい関節の痛みを緩和する対処法として注目されています。



  • 『リョウシンJV錠』が関節の痛みを緩和する仕組みとは?

  • 年齢を重ねることで発生してしまう関節の痛み、その痛みを放っておくことで悪循環に陥ってしまう恐れもあります。

    この痛みを緩和する『リョウシンJV錠』は、

    3つのポイントに着目して開発

    されています。

    ▼痛みを緩和するための3つのポイント




    ●ポイント①:補給


    衰えた体に栄養を補給して、『動き続ける力』をサポートする。

    ●ポイント②:促進


    スムーズな巡りを維持することで、筋肉がほぐれ、『動きやすい体』にする。

    ●ポイント③:緩和


    痛みの原因に体の内側から働きかけ、じんわりとズキッ・ゴキッ・グキッといった『痛みを緩和』する。


    年齢を重ねるにつれて不足しがちな栄養を補って元気な身体の基礎を作り、巡りを促進することで硬直した筋肉をほぐし、痛みを緩和。

    この「補給」「促進」「緩和」の3つのポイントこそが、関節痛・神経痛に悩まされている方々にとって大切であるという考え方です。

    そして、この3つのポイントに対して作用していくものこそが、

    効果が認められている6つの医薬品有効成分

    です。



    さらに、なんと!『リョウシンJV錠』には、6つの医薬品有効成分のうち、

    4つの有効成分が承認基準の最大量まで配合

    (*)されています。
    (*)承認基準とは厚生労働省が承認事務の効率化を図るために定めた医薬品の範囲のこと
    (*)3錠(1日最大服用量)服用で摂取できる成分量、厚生労働省承認基準より


    ▼3つのポイントに作用する6つの医薬品有効成分



    ●ポイント①:補給


    【有効成分】

    フルスルチアミン塩酸塩

     

    ※承認基準の最大量まで配合


    【有効成分】

    パントテン酸カルシウム





    ●ポイント②:促進


    【有効成分】

    トコフェロールコハク酸エステルカルシウム





    ●ポイント③:緩和


    【有効成分】

    ガンマ-オリザノール

     

    ※承認基準の最大量まで配合


    【有効成分】

    ピリドキシン塩酸塩

     

    ※承認基準の最大量まで配合


    【有効成分】

    シアノコバラミン

     

    ※承認基準の最大量まで配合





    ※添加物として、乳酸Ca水和物、無水ケイ酸、ヒドロキシプロピルセルロース、セラセフェート、セルロース、バレイショデンプン、乳糖水和物、ステアリン酸Mg、ヒプロメロース、白糖、アラビアゴム末、ポリオキシエチレンポリオキシプロピレングリコール、タルク、酸化チタン、リボフラビンリン酸エステルNa、カルナウバロウを含有する。

    このように、『リョウシンJV錠』は、

    関節の痛みの緩和に作用する有効成分を、配合にもこだわって開発されたお薬

    です。

    そのため、『リョウシンJV錠』は、つらいひざや、腰、肩などの関節痛・神経痛はもちろん、

    手足のしびれや肩こり、五十肩、眼精疲労まで緩和

    してくれるのです。

    ●『リョウシンJV錠』の効能・効果一覧


    ・次の諸症状の緩和:筋肉痛・関節痛(腰痛、肩こり、五十肩など)、神経痛、手足のしびれ、眼精疲労
    「ただし、これらの症状について、1ヵ月ほど使用しても改善がみられない場合は、医師又は薬剤師にご相談ください。」
    ・次の場合のビタミンB1・B6・B12の補給:肉体疲労時、病中病後の体力低下時、妊娠・授乳期



  • 服用回数は1日1回!お客様の声をもとに開発された『リョウシンJV錠』

  • 『リョウシンJV錠』の開発にあたっては、お客様の声が存分に反映されています。

    「お薬によっては、1日何回も飲まなければいけなく、服用を忘れてしまう…」

    「また、食前や食後など、服用のタイミングが細かく決められていると、お薬を飲むことをついうっかり忘れてしまう…」

    「さらに、1箱の用量が30日分だと、31日ある月は最終日に服用ができなくて困る…」


    これらのお客様の声を受けて開発された『リョウシンJV錠』は、長い時間をかけた企業努力の末に、ついに下記の画期的な用法と、思い切った用量を実現しました。

    ●服用は1日1回2錠~3錠でOK!
    ●食前でも食後でも好きなタイミングでOK!
    ●1箱31日分で93錠というこだわり!






    『リョウシンJV錠』は、まさにお客様の声が反映された医薬品と言えますね。



  • 初回特別価格2,090円(税込)で『リョウシンJV錠』がお得に試せる!

  • つらいひざ、腰、肩の痛みに、1日1回(2錠~3錠)飲んで効く第3類医薬品『リョウシンJV錠』ですが、

    なんと初回特別価格として、1箱1ヵ月分93錠の現品サイズが、通常価格4,180円(税込)のところ、2,090円(税込)で試すことができます!



    『リョウシンJV錠』は、

    ひざや腰・肩などの関節痛・神経痛はもちろんのこと、手足のしびれや肩こり、五十肩、眼精疲労まで緩和してくれる医薬品

    です。

    シニア世代にとっては強い味方となる『リョウシンJV錠』が、

    初回購入の方に限って、2,090円(税込)で購入できるチャンス

    です!

    ぜひ、以下の公式サイトのリンクからチェックしてみてください!


    また、何か不明な点や相談したいことがあれば、下記のフリーダイヤルに電話してみてください!




    専門のオペレーターがつらい関節痛・神経痛のお悩みにズバリ答えてくれます。



    ひざ・腰・肩のつらい痛みにお悩みの方

    は、この機会にぜひ試してみてはいかがでしょうか。



PAGE TOP